今なぜ開運財布が人気なのか?

財布はお金の家、とも言われますが、風水など運気を大切にする占いの世界では、昔から財布は運気を上げるアイテムとして重要視されてきました。

 

財布と一万円札

 

風水などでは、お金がたまらないのは、「お金が家にとどまるのを嫌がっている」という表現で現すのですが、お金の家を変える=財布を変えることによってお金がたまるようになると言われており、開運・金運アップに効果的な財布として開運財布の人気が高まっています。

 

お金の悩みを抱える人に共通する財布の特徴

 

収入は減るのに支出が減らないという方や、お金に悩んでいるという方は、一度は金運アップのおまじないや方法などを試したことがあると思います。

 

でも、色んな方法を試してみたけどなかなかお金の悩みが解決しない、、、という方は、その原因として、お金の家ともいえる財布が、お金がとどまりたくないような財布である可能性がああります。つまり、お金がその家を気に入ってくれないので、なかなかお金がたまらないと考えられるのです。

 

開運財布・金運アップ財布に関する思い込み?

 

金運アップには黄色い財布がいいと言う人もいますが、実は黄色い財布は金回りが派手になるだけで、お金が貯まる色ではありません。

 

また、長年愛用したかのようなぼろぼろの財布にお金を入れている人がいますが、ぼろぼろの家に人間が住むのが嫌なように、お金もぼろぼろの財布にはいたくないものです。

 

基本的にお金は整理整頓がされていない空間が苦手です。定期的に生理整頓に心がけ、小銭やれシートでパンパンになる状態は避けるよう心掛けることが大事なのです。

 

おすすめの開運財布は?

 

お金の悩みは色々ありますが、それを解決するためには収入、入ってくるお金が増えて、支出、出て行くお金が減っていくことが大切です。

 

そのためには自分自身でお金の管理をしっかりとすることがもちろん大切なのですが、それだけでなかなか解決しない場合には、開運財布を使ってみることをおすすめします。

 

2016年におすすめの開運財布はこちら

 

それでは、開運財布はどのように選ぶといいのでしょうか?以下、開運財布選びにおいて大切なポイントをお伝えしていきたいと思います。

 

開運財布を選ぶなら、色がポイント!

金運をアップさせる財布の色は黄色が良いと言われることもありますが、これは運気の面から見ると黄色は金運をつかさどる西の方角と関係の深い色とされているからです。

 

しかし、黄色い財布を持ったのになかなかお金がたまらないと悩んでいる人も多いです。実は、黄色のような派手な色を表面にあしらった財布は、持つ人の気をも派手にしてしまい、金回りが派手になるだけで、安定した金運は得ることはできないのです。

 

開運財布を選ぶ際のポイントとなる色

 

では開運財布はどの色がいいのでしょうか?安定し、幸せな金運をもたらす色は風水では黒がベストといわれています。

 

黒は色々な物事の根源の力が湧き出る北の方位に関係した色であり、金運を含め全ての運気をアップさせる力を持っています。ちなみに、運気学などでは黒に近いグレーや濃紺、藍色なども黒と似たような色とみなされ、同じような効果があるのです。

 

ここで言う財布の色というのは、人から見える表面の色を指し、内側も黒でも運気はアップしますが、お金と縁がある黄色やゴールドなどといった色が内側に使われているのは問題ありません。逆に、お金にまつわる色を強烈な運気で包み込む形になるのでより金運がアップすることになります。

 

また、同じ黒でも素材によっても運気は変わってきます。布素材のものより革素材のほうが運気が上がるのです。

 

革は動物の皮を使用していますが、革製品にはその革を着ていた生き物の持つ力が宿っています。この力を霊醜(れいはく)といい、雄雄しい動物の皮になればなるほどその力は強くなります。

 

そのため、ワニ革や牛革で表面が黒く、内側には黄色やゴールドなどを使用した財布が最強な運気を持っているといえます。

 

金運アップのための開運財布の扱い方

 

財布はお金の家ですから、人間が家にいて快適だと思える家には長く住みたくなるのと同じように、お金も居心地が良い財布には長くいたいと思うものです。

 

お金が窮屈に感じてしまう折りたたみの財布より、のびのびとできる名が財布のほうが運気は高いです。

 

このような財布にお金を人物面が自分に向くような向きで、整理して収納するようにすることで、お金と向き合って生活を送ることができるようになります。

 

また、お財布だって疲れます。なので時には休ませて上げることも大切です。週末など、あまりお金を使わないときにバッグから出して、北の方角の場所で休ませて上げることで金運河アップします。

 

いくら開運財布といっても、財布の運気は3年で落ちてくるため、運気が落ちてしまう前に新しい財布を購入します。

 

新しい財布を買ったからといってすぐに新しい財布だけを使用してはいけません。4週間ほど古い財布と併用して使用し、徐々に新しい財布に運気を移動させます。

 

財布の中がカードやレシート、小銭などでパンパンになっていることがありますが、生理整頓されていない家に人間が住みたくないのと同じで、不要なものであふれた財布にお金がすみたいとは思わないため、常に財布の中は必要なものだけが入っている状態に整理して置きましょう。

 

開運財布を正しく扱うことでより金運がアップします。

 

開運財布の素材は何がいいの?

どうにかして金運をもっと上げたい、お金の悩みを解消したい、そう考えている人にとって頼りになるのが開運財布です。

 

財布はお金の家とも呼ばれ、開運という名称が付いていなくても、扱い方次第で金運は変わってきます。その上に開運と付けば、扱い方次第では非情に強い金運をもたらすことができるのです。

 

では開運財布を選ぶ際のポイントについて詳しく紹介していきます。

 

開運財布に向いている素材

 

開運財布として向いているのは、動物の皮です。動物の革には、その動物が生きていたときの気が宿っています。そして強い動物の革ほど運気が強いとされています。

 

金運アップに白蛇がいいからと、白蛇の革や、ワニ革などを求める人もいますが、金額的に非情に高額なのと、希少価値が非常に高いため、なかなか手に入れる事ができません。

 

手軽に運気が高い開運財布を購入するのであれば、牛革や馬の革などがお勧めです。布製や人工的な素材でできた財布には強い運気はないので、革製品をお勧めします。

 

金運アップに黄色い財布というイメージがありますが、黄色はお金が入って来る運気もありますが出て行く運気も大きいため、着実に金運をアップさせたいなら、黒やグレーがお勧めです。

 

開運財布の選び方や扱い方

 

開運財布は基本的にデザインは問いませんが、あまりごちゃごちゃした派手なデザインのものだと運気が安定せず、せっかくの金運が逃げてしまうため、あまり派手なデザインでないものの方が良いです。

 

形も色々ありますが、折りたたみの財布などではお金がのびのびと運気を発揮できないため、できれば札をそのまましまえる名が財布のほうがお勧めです。

 

また、財布にレシートやカードなどを入れている人も多いですが、財布の中がごちゃごちゃしているとお金がそこにいたくなくなり、金運がダウンしてしまいます。常に生理整頓を心がけましょう。

 

アクセサリーなどを付けたい場合は鈴のアクセサリーがお勧めです。

 

鈴には邪気を追い払う効果があるため、財布の中に悪い運気が入り込むのを防いでくれます。外側に付けるのは恥ずかしいという人は、財布の片隅にでも入れておくと効果がアップします。

 

財布は意外と見られていないようで、買い物の支払いの際に意外と人から見られているものです。外側が汚れていたり、ぼろぼろになっていると、お金はおろか、人も離れていってしまいます。

 

定期的に手入れを行なうことで財布やお金に対する考え方を変えるとともに、人気運も下がらないように注意しましょう。

 

 

開運財布ガイド2016 TOPへ